これおもしろい

なにはともあれ1日1記事

App A Weekの自分ルール追加

土日アップしてなかったところから想像されていたかと思いますが、手をつけられていません...!!orz

これを始める前に知り合いが企画したアプリをつくっていたのですが、そのアプリの修正や機能追加もする必要があり、ちゃんと対応しようとなると中途半端になるので、App A Weekの取り組みは隔週にしようと決めました。 正直かなり意味合い変わってくるので、もう名前関係ないじゃんwと思わなくもないですがね...。 言い訳臭いのも悔しいところ。力つけたい。

自分には必要な取り組みだと感じているのでちゃんと続けていきます。 App A Weekでない週も1日1記事は死守したいですね...。(土日サボりましたが。) どういうの上げていったら良いのかなぁ。 毎日レベルでブログ更新してるエンジニアのブログ回ってみよう。 おすすめの方いらっしゃったら教えてくださいー。

App A Week 第2週 AR音ゲー: 1日目 仕様決め

携帯から打っているので、後ほど見た目修正します。

先週から始めたApp A Week、第2週に入りました! 今日は残念ながら作業時間が取れなかったので、仕様だけ書き出しました。

今週やるものの前に、もう一度ルールを振り返っておきます。 先週から変更した点もあります。

自分ルール

  • 週に1本iOSのアプリ(プロトタイプ)を作る
  • GitHubソースコード晒す(晒せるリソースを使用する)
  • 何か1つ新しいものに挑戦する(技術的にでもアーキテクチャでも何でもok) の3つでやっていこうと思います。 (人に動かしてもらうのは厳しかったので除外しました。会社の人には作ったものを見てもらうようにはしてました。)

なぜやろうと思ったのか

  • 自分で1からiOSアプリ制作をしたことがない
  • ゆえに実装の周辺知識に疎い
  • 新しいものを試す手が遅い
  • 人に晒すことに怖がりすぎてる
  • 持続力がない 1週間ブログ書き続けてるのは自分にとっては快挙です。 まずは持続力から付けていこうと思います💪

2週間目: 11/10(金)〜11/16(木)

作るもの

AR音ゲー

挑戦

ARKit

仕様

例のごとく自分にしか分からないであろうメモ書き f:id:takattata:20171110173439j:plain

ひとまずこんな感じですかね! 早く試していきたいなー! 実際に作ってみたら全然楽しくない、とかありそうだからちょっと怖いw

App A Week(iOS)をやってみる: 7日目(1週目終了!)

1週間目: 11/3(金)〜11/9(木)

作ってるもの

STG with クイズ

リポジトリ

GitHub - takattata/spritekit-stg-quiz

状況

所感

最終日に寝坊するという失態😪
とはいえ、大体やりたかったところはできたかなと思います。
ゲームバランスや見た目など細かい調整は出来ていませんが、そこに関しては元々やろうと思っていなかったので、1週間目の作品としては自分的には及第点かなと思っています。

それにしても、SpriteKit使いこなせたら簡単にゲーム作れそうですねー!
まあでもゲームの場合Androidでも動かしたい気持ちはあるから、実際に使うとなるとUIKitメインの画面に載せる、とかになるんですかね...??🤔
(ゲームはiOS, Androidらしさをそこまで気にしなくて良さそうなイメージがあるので。違ってたらすみません...。)

1週間の振り返り

まず1本作ってみて、このApp A Weekはプロトタイプを作っていく期間で、大体この機能を作る場合こうやればできるんだなーというのを把握することを目的にするのが自分の成長フェーズとしては合っているように思いました。
もしくは一つの技術をとことん学びつつアウトプットするためのものを作るとか。
今後はその考えで続けていこうと思います💪

今週は特に大きなイレギュラーはなかったので大丈夫でしたが、想定外の修正不可能なイレギュラーが発生した時にうまくスケジュールを立て直せるかは課題になりそうですね。
期限は1週間で厳守!をちゃんと守れば大丈夫そうですが、いざそうなると延ばしたくなりそうですし。

何はともあれ、ひとまず1本目を作り終えられて結構嬉しいです!😆
続けてブログ見てくださっていた方がもしいらっしゃったとしたら感謝します!
引き続きやっていくのでよろしくお願いします!なにかあったら気軽にコメントください😆

明日からのアプリの仕様は今書き出しているところです。
ARKitにしようと思います!
本当はUIKit使った仕事でも使えそうな技術の方をやろうと思ったのですが、早くプロトタイプ作って見せたい人がいるので、こちらをやります。
AR楽しみ。先日HumanUserInterfaceのARKitの項目訳したから余計楽しみ。

進捗

  • 他機種でも動くようにする(特に自分の実機のSE)
  • 見た目調整(特にテキスト)
  • 一週間の振り返り

↓今まではiPhone8 Plusでしたが、今回はSEです!
f:id:takattata:20171109164820g:plain
(今回故あって録画したものをgifで撮り直しました)

詰まったところ

機種ごとの画面サイズに合わせる

参考サイト通りにやっても、どうにも画像サイズが自動的に変更されてくれなくて困りました...。
ここにほとんどの時間を使ってしまったのですが、通勤電車の中で閃いたのですよ!
1x, 2x, 3xのところ全部同じサイズに使ってるからじゃないか?ということに!
そうなんです。面倒がって全部同じ画像を入れてたんです...😭
これが原因で自動的にサイズを変更してくれていても、SEのような画面の小さいものの時には元々の画像サイズが大きいと認識されてしまいました。
本来的には画面のことを考えなくて良かった、ということですね。
簡単ですね!ありがたい。

参考サイト

SpriteKitでiPad対応のリジェクトを避ける方法 - ホーリーのプログラミング日記