これおもしろい

未来の自分が検索した時に出てくるように書くブログ

podcastをやろうと思うのです

(腰が引ける前にどんどん宣言しておいて、やらざるを得ない状況を作ろうキャンペーン)

きっかけ

podcast好きなんです。
テック系しか聞いていないけれども。
コアな話が出てくるのとかだとなお良し。

色々と聞いている中で「面白そうだなー、やってみたいなー」とちょいちょい思っていましたが、面白い話も出来なければ声が良いわけでもないし、気恥ずかしさもあって、話に出すだけで実際にやろうとはしていませんでした。

そんな中、昨日 yatteiki.fm

rebuild.fm を聞いていた時に、ふと「podcastやりたいなー」とツイートしてみたところ、意外といいねをされ、まあやってみてダメだったらダメで良いんだし、とりあえず動いてみるか、という気持ちになった次第です。

方針

実際にやるにあたって、どういう方針でやっていきたいのかを考えてみました。

色々浮かびはしましたが、一番は「そういう風にエンジニアになる人もいるんだ」とか「そういうエンジニアもいるんだ」と知れる場所を作りたい、ですかね。
「自分って、別段特出した技術も知識も持っていないし、特色のないどこにでもいそうな一般的なエンジニアだよなぁ」と思ったりしますが、誰しもが辿ってきた道も違えば育ってきた環境も違うので、その人じゃないとそのエンジニアにはなれないと考えています。
普通とか、そういう括り自体はあるかもしれないけれど、その中でもその人にしかない色がありますよね。そこを拾いたい感じです。
(ちょっと話違うけど、こちらの話でいう"武器"に近い感じ?ですかね?https://kensuu.com/n/n8a6373dcdb37)

なので、色々な人とpodcastで話して、もしそのゲストの人の経緯やスタイルの話を、必要としていた人が聞いて、エンジニアとしての第一歩を踏み出すなり、何かが始まったりしたならば、素敵なことではないかなと。
まあ、ちゃんとpodcast始められるのかも、続けられるのかも分かりませんがね!
エンジニアに限らず、知り合った色々な人たちから話を聞けたら面白そうですよね。

ちょっと書いてて気恥ずかしくなってきたのですが、そういう思いでやってみようと思うのです。
ちゃんと始められた時には、よろしくお願いします。
ちゃんと始められなかった時には、podcasterの先達にご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げに行こうと思います。

ちなみに、やってみたいんだよね!一緒に話してくれないか!と、同僚のwebエンジニアのしーけ (@shikeapp0909) | Twitterにお願いして、月曜の朝に会社で録音してみようと予定しています。(寝坊しなければ試し撮りくらいは出来るはず)

追伸


あ、このツイートにいいねしてくれた方々は、podcastが軌道に乗せられた時にゲストとして声を掛けさせてもらおうと狙ってますので!よろしくね!(`・ω・´)

(正直こんな記事まで書いて、風呂敷広げるだけ広げている気がして怖い。ひとり細々やるだけだから別に何かある訳じゃないけれども。)